道具

デジカメ写真を無線で飛ばしまくる超便利なアイテム

あなたはデジカメで撮影した写真をパソコン等に転送せず、カメラ内へ入れっぱなしにしていないだろうか?

あまりにも長い間デジカメに写真を溜めすぎると、いざ写真を撮影しようと思った時にSDカードの容量不足で撮影出来なかったり、どの写真をパソコンに転送しバックアップをとってあるか分からなくなってしまう。

そこで、今回はデジカメの写真を自動的にスマホやパソコンへ無線で転送するアイテムを紹介する。

 

2015-02-18 20.32.26
これが無線で写真を転送出来るSDカード。eyefi mobi。

 

 

 

2015-02-18 20.33.40
パッケージの裏面。

 

 

 

2015-02-18 20.35.34
この位置をハサミで切り落とすとパッケージの開封が出来る。

 

 

 

2015-02-18 20.36.50
中にはこんなカードが入っていた。

 

 

 

2015-02-18 20.37.36a
裏面にはソフトをダウンロードできるインターネットのURLと10桁のパスコードが書いてあった。
(黒く塗りつぶされた部分が10桁のパスコード)

 

 

 

2015-02-18 20.41.08
さっきのカードは情報の記載があるだけのカードで、本命はこのSDカードなのだ。

 

 

 

2015-02-18 20.40.43
普通のSDカードではなく無線機能が内蔵された優れもの。電源はこのSDカードを挿入したデジカメから供給される。

 

まずは事前準備

デジカメの写真をスマートフォンやPCへ転送する為には、eyefiカードと転送する先のデバイスをアクティベーション(双方を紐づける作業)をする必要がある。その手順は

1、お手持ちの転送先デバイスに合ったeyefi専用ソフトをダウンロード。
http://www.eyefi.co.jp/app/

ダウンロードサイト

2、デジカメにeyefiカードを入れてカメラの電源を入れておく。

3、専用ソフトをインストールしたらカードに記載のあった10桁のパスコードを入力する。

4、あとは自動的にソフトがeyefiのカードを認識しアクティベーションが完了

 

eyefi専用ソフトとは

上記でインストールを行うeyefi専用ソフト、そのインストール方法を念のため以下に記載する。

 

スクリーンショット 2015-02-18 22.10.21
転送先のデバイスがiPhoneなのかAndroid端末なのかパソコンなのかによってダウンロードするプログラムが違ってくるので、用途に合ったソフトウェアをダウンロードして欲しい。

 

 

 

スクリーンショット 2015-02-18 22.10.31
今回は私のMacにeyefi専用ソフトをインストールしてみようと思う。

 

 

 

スクリーンショット 2015-02-18 22.11.16
ダウンロードしたらこの様なファイルが登場する(以後はMac版のソフト解説)

 

 

 

スクリーンショット 2015-02-18 22.12.26
ダウンロードしたアイコンをダブルクリックするとインストールの準備が始まる。

 

 

 


スクリーンショット 2015-02-18 22.12.43
おなじみの契約・規約の画面。とりあえず「続ける」ボタンを押す。押したくなくても押さないと先に進まないので、押すしかない。

 

 

 

スクリーンショット 2015-02-18 22.12.54
そして同意しないと先に行けないので「同意する」ボタンをポチッ。

 

 

 


スクリーンショット 2015-02-18 22.13.02
この画面で「インストール」ボタンを押すとインストールが始まる。HDDのインストール先を変更する事も可能。

 

 

 

スクリーンショット 2015-02-18 22.13.30
とりあえず「次へ」ボタンを押す。

 

 

 

スクリーンショット 2015-02-18 22.13.37
接続テストが始まるので、しばらく待つ。無事に完了したら「完了」ボタンを押す。

 

 

 

スクリーンショット 2015-02-18 22.13.48
インストールが完了。インストール自体は数分で完了。

 

 

 

スクリーンショット 2015-02-18 22.14.03
インストールが終わったら自動的にこの画面が表示される。ここで10桁のアクティベーションコードを入力しよう。そう、カードの裏面にあったあの10桁のパスコードの事だ。

 

 

 

スクリーンショット 2015-02-18 22.14.59
10桁のアクティベーションコードに間違いがなければこの画面が出現。写真や動画をデジカメから転送する際に転送先で日付ごとにフォルダを作るか選択できる。
私はひとつのフォルダ内で全部のデータ一覧にして見たかった為、撮影日でフォルダ作成のチェックを外して「次へ」ボタンを押してみた。

 

 

 

スクリーンショット 2015-02-18 22.15.16
すると、デジカメに挿入したeyefiカードとの通信が開始される。この時にはeyefiカードをデジカメに挿入した上、デジカメの電源も入れておかないと失敗する。

 

 

 

スクリーンショット 2015-02-18 22.15.31
一番左のSDカードの絵がオレンジ色に染まっていく。一生懸命eyefiカードの電波を探している様だ。

 

 

 

スクリーンショット 2015-02-18 22.16.12
あれ!?デジカメにeyefiカードを入れて電源もONにしているのに、eyefiカードが見つからず失敗してしまった。

 

 

 

スクリーンショット 2015-02-18 22.35.29
何度やってもeyefiカードが見つからなかったので、思い切ってUSBケーブルでパソコンとデジカメを接続してみると見事eyefiカードが見つかり、接続が完了し、アクティベーションが完了した。

 

 

 

もしかしてアクティベーションが失敗したのは、デジカメの電力がeyefiカードに使用され電力不足になっていた可能性もあるので、アクティベーション時にはデジカメをACアダプタに接続しておくと良いかも。
あと、カメラによってはEyefiカードとの相性もあるらしいので、メーカーのホームページでお手持ちのデジカメが対応しているか確認するのもお忘れなく。

 

eyefiカードに対応しているカメラの確認はこちら

 

 

実際にeyefiを使ってみる

 


スクリーンショット 2015-02-18 22.48.35
もう何も考えなくてもデジカメで写真を撮影したら、自動的にMacのEye-Fiフォルダへ写真がアップロードされた。これは超便利!

 

 

気になった事

確かに便利ではあるが、事前準備のアクティベーションがすんなり行かなかった事以外にもいくつか気になった点があったので列挙する。

・写真転送中は無線でインターネットが出来ない
→Wifiの電波を利用している為
・写真の転送が始まるまで時間がかかる(体感で20秒〜1分間くらい)
→転送が始まるまでの時間の長さは毎回違う
→写真の転送が始まってしまえば、その後はけっこう早く処理が完了する
・EyeFiを入れたデジカメは無線で電力を食うのかバッテリーの持続時間が少し短い
→カメラのバッテリー容量にもよるが1割〜2割くらい稼働時間が短くなる模様

 

そうは言ってもデジカメの写真が自動的に無線で他のデバイスへ転送と保存できるのは非常に便利。一度使い始めるとその快適さ故に手放せなくなるかも!?

 

 

まとめ

さて、今回ご紹介したeyefi mobiについて

良いところと悪いところを挙げると以下の様になった。

 

■ココが惜しい

・カードの認識と転送が始まるまでに時間がかかる

・写真の転送中は無線LANでインターネットが利用できない

・デジカメのバッテリーがeyefiカードによって消費されてしまう

 

■ココがイイ

・自動的にデジカメからデバイスへ写真を転送してくれる

・無線なのでケーブルを用意したり接続したりしなくてよい

・ケーブルが接続できないスマートフォンにも写真を転送できる

・デジカメにカバーを付けていてSDカードがカメラから取り出しにくい場合に便利

・とにかくデジカメから写真を取り出そうとしなくても気がついたら転送されているので楽

 

 

最後に

デジカメの写真をパソコン等に取り込む場合、従来であればUSBケーブルや専用ケーブルを使って写真の取り込みを行っていたが、普段からそんなに使用しないものだから使いたい時に限ってケーブルが見当たらずヤキモキした気持ちになる事も多々あった。

 

しかしケーブル無しで写真の取り込みが出来るこのEyefiは非常に便利なアイテムだ。

 

最近はWifiを最初から内蔵しているデジカメが増えてきたので、Eyefiが不要な場面が多くなってくるとは思うが、昔ながらのデジカメを利用している人にはかなりオススメの商品だと思う。

 

オススメ度:★★★★★

【300円OFFクーポン&ポイントアップ!11/19 20時スタート!】ワイヤレスSDHCカード Eyefi Mobi (アイファイ モビ) 8GB Class10 WiFi内蔵 (最新パッケージ版)

価格:4,220円
(2016/11/19 13:45時点)
感想(0件)

 

関連記事

  1. 手軽に手首の強化が出来るアイテム
  2. 車でバックしている最中のトラブル防止(後編)
  3. 電子書籍を読むならコレしかない!
  4. HDMIのコネクタ数を3倍増やすには
  5. 防塵・防滴・無敵の一眼レフカメラ
  6. 調子が悪い電化製品を復活させるには
  7. 車のエアコンが臭ってきたら
  8. コンパクトにゴミやホコリを吹っ飛ばす

おすすめ記事

防塵・防滴・無敵の一眼レフカメラ

コストパフォーマンスが最強レベルのカメラPENTAXといえばリコーが販売するカメラのブランドだが…

車のナンバープレートに付けたバックカメラで車検は通るのか?

穴あけが不要で取り付けが簡単な、ナンバープレートへ取り付けるバックカメラ。ビートソニック社か…

リビングをシアターに変える方法

いい音といい映像で楽しさ倍増液晶テレビで映画を見ると、映画館とは違う。…

科学の力で頭をスッキリさせる

頭に速攻で届く栄養眠い。頭がスッキリしない。なんか疲れた。そういう時は脳に栄養が足りてい…

新緑が似合う歌声

ドライブしながら聴ける爽快な音楽を探していたら、こんなものを見つけた。…

コスパの高いICレコーダーはコレ

意外と便利なICレコーダー普段の生活で録音する事はほとんど無いと思うが、録音をうまく使いこなすと…

PAGE TOP