電子書籍を読むならコレしかない!

電子書籍は便利な書籍

電子書籍とは電子データとなった本の事。メリットは紙の本よりも価格が安く、置き場所も不要、経年劣化もしない、ブックマークや検索が便利などなど、良いことばかり。とは言い切れず、購入した電子書籍を提供している会社なり組織(Amazonや楽天やSONYブック等)が解散してしまうと、購入していた本が全て消去されてしまうというリスクもある。また、紙の質感や香りを楽しめないというデメリットも。

とはいいつつ、やはり電子書籍のメリットは大きい。今回はその電子書籍を読むのに適した電子書籍用のリーダー端末をご紹介しよう。

 

やはり大御所のAmazon

Amazonは2000年11月1日に日本版サイト「Amazon.co.jp」を立ち上げ、通販で書籍を販売し始めた老舗である。その老舗が2012年10月25日に電子書籍サービス「Kindleストア」をオープンした。

これから紹介するKindleはそのKindleストアで購入した電子書籍を読める様になるリーダー端末だ。

 

 


DSC05696
kindleを注文した2日後くらいにamazonからkindleが届いた。

 

 

 

DSC05698
購入したのはWiFiモデルだ。

 

 

 

DSC05699
中にはkindle本体、説明書、USB充電器が入っていた。

 

 

 

DSC05701
まだ透明なビニールをかぶったままの新品kindle。あれ?電源を入れてないのに画面が映ってる!?

 

 

 

DSC05703
ビニールを外してしばらくしたら、勝手に言語を選ぶ画面に切り替わった。

 

 

 

DSC05704
当然、日本語を選択。指でタップすれば選択できた。

 

 

 

DSC05705
何か初期設定的な事をkindle内部で行っている様だ。

 

 

 

DSC05706
ここから本格的に初期設定が始まる。

 

 

 

DSC05707
とりあえずWiFiのネットワークに接続しないと始まらない。

 

 

 

DSC05708
ここで家のネットワークを選択するとパスワードを聞いてくるので、無線LANルータに接続するパスワードを入力する。

 

 

 

DSC05709
接続に成功すると、「こんにちは☓☓☓☓さん」と、本名で語りかけられた。既にAmazonのアカウントと紐付けされていた様だ。

 

 

 

DSC05710
facebookやtwitterと連携する画面になったが、必要に応じて後から設定できるので今回は連携しない事にした。

 

 

 

DSC05711
このあたりからチュートリアル(使用説明)が始まる。

 

 

 

DSC05713

 

 

 

DSC05714

 

 

 

DSC05715

 

 

 

DSC05716

 

 

 

DSC05717

 

 

 

DSC05718

 

 

 

DSC05719

 

 

 

DSC05720

 

 

 

DSC05721

 

 

 

DSC05722

 

 

 

DSC05723

 

 

 

DSC05724

 

 

 

DSC05725
やっとチュートリアルが終了。ここから本格的に使用できる様になる。と思ったら・・・

 

 

 

DSC05726
とりあえず250冊くらいkindleで電子書籍を買っているので、その情報を更新している様だ。

 

 

 

DSC05730
今度こそ初期設定は全て完了。さてこれからkindleによる電子書籍生活が始まる。

 

 

 


DSC05732
kindleのインターフェイスは写真にあるUSBのポートと電源ボタンのみ。充電はUSBから行う。

 

 

 


DSC05734
USBからの充電には付属のケーブルを使うが、USBのAタイプコネクタとminiUSBのAタイプコネクタのケーブルなので、普通に電気屋さんで買える代物だ。

 

 

 

DSC05733
ちなみに電源ボタンを長押しすると画面オフや再起動が実行できる。

 

 

 

DSC05735
そうそう、電子書籍を読もうとしたらこの画面が1度だけ表示された。以後は表示されない。

 

 

 


DSC05736
画面表示をオフにするとこんな感じに。画面の質感はなかなか良い。

 

 

 


DSC05737
裏面には分かりにくいがAmazonのロゴが浮き彫りされている。

 

 

 

今回のレビューはここまで。

思ったよりも初期設定部分の記述が長くなってしまったので、操作感等のレビューは次回に繰り越すとしよう。

 

次回の記事はこちら。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 車でバックしている最中のトラブル防止(後編)
  2. 机の上がキレイに片付くとっておきの裏ワザ
  3. 反応が悪くなった車のリモコンキーを復活させる方法
  4. 車のバッテリーを外す前にやるべき事
  5. 各機器ごとに最適で最速な充電が可能な装置
  6. コレでスマートフォンのバッテリ切れが全く気にならない
  7. こんな所に部屋干し!?予想外のアイデア商品。
  8. 脅威の切れ味。箸が手応え無く切れてしまう危険なナイフ

おすすめ記事

IHクッキングヒーターの固着した汚れを徹底的に除去

長年使用したIHの汚れは手強い最近はIHクッキングヒーターの普及も進んでいて、利用している家庭が…

古臭くなった愛車に新車の輝きを蘇らせる方法

ヘッドライトの曇りが古臭い原因車に長年乗っているとヘッドライトがだんだん曇ってくる。やっかいな事…

防塵・防滴・無敵の一眼レフカメラ

コストパフォーマンスが最強レベルのカメラPENTAXといえばリコーが販売するカメラのブランドだが…

車のナンバープレートに付けたバックカメラで車検は通るのか?

穴あけが不要で取り付けが簡単な、ナンバープレートへ取り付けるバックカメラ。ビートソニック社か…

リビングをシアターに変える方法

いい音といい映像で楽しさ倍増液晶テレビで映画を見ると、映画館とは違う。…

科学の力で頭をスッキリさせる

頭に速攻で届く栄養眠い。頭がスッキリしない。なんか疲れた。そういう時は脳に栄養が足りてい…

PAGE TOP