場所

子育てする人にありがたい穴場公園

人が少なくて落ちける公園

東京の公園は人が多くて、なかなか落ち着けなかったり、癒やされなかったり、とにかく楽しみに行っているのか疲れに行っているのかよく分からない状態だ。思ったことはないだろうか?

更には公園へ子供を連れて行くと子供が他人にぶつかったり他人が子供にぶつかったり、親も神経が浪費して余計に疲れてしまう。

そんな子育て世代の人にオススメの公園をご紹介しよう。

 

 


DSC_0072
今回紹介するのは埼玉県の川島町にある「平成の森公園」。圏央道の川島インターチェンジから車で約10分くらい走ると到着する。

 

 

 

DSC04397
平成の森公園は3年の歳月と25億円の資金を使い平成8年に完成した。広さは約83,800平方メートルだ。

 

 

 

DSC04395
平成の森公園の中心にあるシンボルのタワー。

 

 

 

DSC04396
青空にそびえ立つタワーが何とも清々しい。

 

 

 

DSC04393
ちょっとした日陰も整備されてて気持ちいい。

 

 

 

DSC04391
橋もかかっていた。

 

 

 

DSC04400
バラの小径(こみち)という通りがあり、個人の人が育てたバラが通路に添って多く植えられている。

 

 

 

DSC04402
こんな風に所々でバラが咲いている。

 

 

 

DSC04409
ピンクのバラもある。

 

 

 

DSC04405
白いバラもある。

 

 

 

DSC04406
これらのバラが個人で育てられているという点も素晴らしい。

 

 

 

DSC04427
鉄柱でさえ爽やかに見える。

 

 

 


DSC04424
本当に整備されたキレイな公園だ。

 

 

 

DSC04420
タワーの周りには水が流れていて非常にいい雰囲気。

 

 

 

DSC01262
夏には噴水が登場する。

 

 

 


DSC01259
逆光で写真を撮ってみた。

 

 

 

DSC_3502
平成の森公園の近くには秋桜(コスモス)が綺麗な場所もある。

 

 

 

DSC_3495
けっこう広い範囲で咲いている。

 

 

 

DSC_3491
秋桜に寄ってみると形もキレイで発色もいい。

 

 

 


DSC00459
こんなに広い場所もある。

 

 

 

DSC_1423
春には桜が咲いて暖かい雰囲気を演出する。

 

 

 


DSC_1435
桜はあちこちに植えられている。

 

 

 

DSC_1440
5月には鯉のぼりが登場する。

 

 

 

DSC_3470
秋から冬にかけては寂しい雰囲気をかもし出す。四季によって風景ががらりと変わる公園だ。

 

 

 

DSC04425

 

 

 

今回、平成の森公園の全てを紹介した訳ではないが、その心地よさと公園としての懐の深さを是非とも現地に行って感じ取って欲しい。

 

まとめ

さて、今回ご紹介した平成の森公園について

良いところと悪いところを挙げると以下の様になった。

 

■ココが惜しい

・もう少し広くても良かった

・電車では行けない様な場所にある

 

■ココがイイ

・人が少ない

・駐車場が満車になる事はほぼ無い

・季節によって色々な景色が楽しめる

・とにかく開放的で穏やかで癒される公園

 

 

公園の情報

・公園名 :平成の森公園

・住  所:埼玉県比企郡 川島町下八ツ林920

・営業時間:8:30~22:00

・駐車場 :170台(無料)

・URL :http://www.town.kawajima.saitama.jp/kankou/heiseinomorikouenn.htm

 

 

 

最後に

本当に居心地が良く、落ち着ける公園。

緑があり、水があり、グラウンドがあり、遊具がありとバラエティに富んでいる。

しかも小さい子供が集まる公園と、のんびり出来る緑の公園は若干距離が離れており、

それぞれのエリアで干渉が無く、思う存分公園を満喫する事が可能となっている。

 

正直なところ、あまり人に教えたくない程の穴場的公園だが、

非常に素敵な場所である為、ネタとして思わずブログに載せてしまった。

埼玉県または近隣の県にお住まいの方は、訪れてみて損はないと思う。

 

オススメ度:★★★★★

 

 

 

関連記事

  1. 群馬県のドイツ村
  2. 世にも不思議な穴だらけの山
  3. 「ところてん」と「寒天」の違いをご存じだろうか?
  4. 関東地方最大!鉄道好きじゃなくても楽しめる鉄道博物館
  5. ムーミンの世界が超リアルに再現された公園
  6. レトロ自販機の里
  7. 海の無い県で新鮮な魚を食べる
  8. 関越自動車道沿いにあるスイーツの宮殿

おすすめ記事

防塵・防滴・無敵の一眼レフカメラ

コストパフォーマンスが最強レベルのカメラPENTAXといえばリコーが販売するカメラのブランドだが…

車のナンバープレートに付けたバックカメラで車検は通るのか?

穴あけが不要で取り付けが簡単な、ナンバープレートへ取り付けるバックカメラ。ビートソニック社か…

リビングをシアターに変える方法

いい音といい映像で楽しさ倍増液晶テレビで映画を見ると、映画館とは違う。…

科学の力で頭をスッキリさせる

頭に速攻で届く栄養眠い。頭がスッキリしない。なんか疲れた。そういう時は脳に栄養が足りてい…

新緑が似合う歌声

ドライブしながら聴ける爽快な音楽を探していたら、こんなものを見つけた。…

コスパの高いICレコーダーはコレ

意外と便利なICレコーダー普段の生活で録音する事はほとんど無いと思うが、録音をうまく使いこなすと…

PAGE TOP