飲食

某有名コーヒー店の絶品チョコレート

美味しいチョコレートが食べたくなったら

材料にこだわった高級チョコは美味しい。でも値段がお高い。そういう時は美味しくなる工夫が施されたチョコレートを食べればいい。

今回は、そんな工夫が施された美味しいチョコレートをご紹介しよう。

 

 


DSC06034
それがコレ。喫茶店で有名なDOUTOR(ドトール)の美味しさを詰め込んだ商品だ。けっこう遠くから見てもドトールの商品だと分かる。ドトールコーヒーのおいしい一粒。ドトールコーヒービーンズチョコ。

 

 

 

DSC06036
裏面を見て気付いた。どうやらカバヤ食品が作っているようだ。

 

 

 

DSC06037
パッケージは手で簡単に開封できる。開けてみると中には比較的大粒のチョコボールが20粒ほど入っている。

 

 

 

DSC06039
ジッパー付きで開封後の密閉が出来るので、全部いっぺんに食べ切らなくても大丈夫。

 

 

 

DSC06041
森永チョコボールよりも、ひと回り大きいチョコボールが顔を出した。

 

 

 

DSC06042
割ってみると中にコーヒー豆がそのまんま1個入っていた。コーヒー豆はホワイトチョコで包まれ、その外側にミルクチョコがコーティングされている二重構造だ。

 

 

 

DSC06046
つまり、早い話が中身はこうなっている。

 

 

食べてみると

チョコレート自体はミルクチョコレートで、少し甘めのもの。中のホワイトチョコも甘い。これだけだと子供向けのチョコレートなのだが、最大の特徴であるコーヒー豆の苦味が甘いチョコレートの味に奥行きを与えてくれている。

 

とても美味しいチョコレート&コーヒー豆なのだが、特筆すべきは味よりもむしろ食感。

 

コーヒー豆は適度な硬さがあり噛んでもすぐに粉々にはならない。つまり口の中でチョコレートと粗挽きコーヒー豆が混在するため非常に面白い食感が生まれるのだ。

これは他ではなかなか味わえない、食べてみないと分からない美味しさだと思う。

 

まとめ

さて、今回ご紹介したドトールコーヒーのおいしい一粒について

良いところと悪いところを挙げると以下の様になった。

 

■ココが惜しい

・量が少ない

 

■ココがイイ

・チョコレートの甘さとコーヒー豆の苦味という組み合わせが絶妙

・コーヒー豆の食感が面白い

・パッケージの開封後もジッパーで密閉できる

・パッケージが自立するので置き場所に困らない

・シンプルなデザインのパッケージが秀逸

・ブラックコーヒーに合う

 

 

最後に

コーヒーとチョコレートのお菓子だが、けっこうブラックコーヒーに合う。

チョコの甘さとコーヒー豆の苦味と酸味、そしてコーヒー豆の絶妙な食感。

それらが合わさった ハーモニーは食べてみないと分からない。

ドトールコーヒー厳選のコーヒー豆は非常に品質が高い。と思わせる逸品だ。

 

オススメ度:★★★★★

 

関連記事

  1. 関西のやめられない止まらない旨い米菓子
  2. 飛蚊症に効果がある薬
  3. 免疫力を高めるLG21ヨーグルトを培養してみたらこうなった
  4. 地球に優しいエコロジーな焼きそば
  5. 色々楽しめるPEZの味
  6. 豆乳仕立てのガゼリ菌SP株ヨーグルト
  7. 超濃厚なバターの風味でビールがすすむ
  8. ヨーグルトの培養に失敗したらこうなる

おすすめ記事

IHクッキングヒーターの固着した汚れを徹底的に除去

長年使用したIHの汚れは手強い最近はIHクッキングヒーターの普及も進んでいて、利用している家庭が…

古臭くなった愛車に新車の輝きを蘇らせる方法

ヘッドライトの曇りが古臭い原因車に長年乗っているとヘッドライトがだんだん曇ってくる。やっかいな事…

防塵・防滴・無敵の一眼レフカメラ

コストパフォーマンスが最強レベルのカメラPENTAXといえばリコーが販売するカメラのブランドだが…

車のナンバープレートに付けたバックカメラで車検は通るのか?

穴あけが不要で取り付けが簡単な、ナンバープレートへ取り付けるバックカメラ。ビートソニック社か…

リビングをシアターに変える方法

いい音といい映像で楽しさ倍増液晶テレビで映画を見ると、映画館とは違う。…

科学の力で頭をスッキリさせる

頭に速攻で届く栄養眠い。頭がスッキリしない。なんか疲れた。そういう時は脳に栄養が足りてい…

PAGE TOP