電化製品

高級車の装備を一般大衆車に取り付ける方法

サイドミラーが自動的に開閉

高級車の装備として、リモコンキーでドアロックを行うとサイドミラーが閉じ、逆にリモコンキーでドアのアンロックを行うとサイドミラーが開くという機能を、一般大衆車にも付ける事は出来ないか・・・

と、思っていたら、そういう機能を実現する商品が売っていたので、早速購入し取り付けを行ってみた。

 


DSC07409
今回取り付けを行ったのはトヨタ ノア(AZR60G)Xグレード。まずは運転席のドアを開け・・・

 

 

 

DSC07410
運転席の脇にあるステップガードを・・・

 

 

 

DSC07411
この様にバキバキっと外す。ツメで留まっているだけなので簡単に外れる。

 

 

 

DSC07411a
お次はアクセルの右側にあるプラスチックのボルトらしきものを捻って取った後、カバーを外すと・・・

 

 

 

DSC07414
こういう感じで配線がたくさん出現する。

 

 

 

DSC07412
こういう状態になる。

 

 

 

DSC07417
アクセル周りはこんな感じだ。

 

 

 

DSC07416
色々と内張りを外したのは、この青色のコネクタ(Kl1コネクタ)にアクセスしたかったのだ。

 

 

 

DSC07420
青色のコネクタから伸びている様々な色のコード。これらを束ねていた黒いビニールテープを外す。これでコードにアクセスしやすくなる。

 

 

 


DSC07402
ここで先ほどのコードの何処にどんな信号が来ているのか調べる為に、検電テスターを用意する。

 

 

 

DSC07421
検電テスターのクリップ部分を車の車体金属部分(アースが取れる場所)に挟む。

 

 

 


DSC07422
検電テスターの針をコードに突き刺すと通電していた場合、検電テスターが「ピーッ!」と鳴るのだ。

 

 

 


DSC07424
ちなみに写真の、黒に太めのシルバー線が入った色のコードは常時電源(常に電気が流れている線)だった。あと、リモコンキーでロックした時に電気が流れる線(ACT+)とアンロックした時に電気が流れる線(ACT-)が何色の線かも調べておく。

 

 

 


DSC07435
今回取り付けるのはコレ。キーレス連動のミラー格納ユニットAタイプ。もちろんサイドミラーが格納されるだけでなく、ミラーオープンにも対応している。

 

 

 


DSC07356
裏側には配線図が載っている。コントローラから伸びるコードは赤色を車体の常時電源線、青色をドアロック信号線、緑色をドアアンロック信号線につなげると書いてある。先ほど検電テスターで車体側のコードの状況は分かっているので問題ない。

 

 

 

DSC07436
中に入っている内容物はこれ。白いコネクタのハーネス(既存のミラースイッチユニットと車体配線の間に割り込ませる)と黒いコントローラユニット、3種類のコードを車体のコードと接続する赤いワンタッチコネクタが3個。

 

 

 

DSC07437
車のミラースイッチユニットの裏側のコネクタがこの形状(10ピン)であれば、このキットが利用できる。

 

 

 

DSC07438
元々ミラースイッチユニットにつながっていた既存の10ピンコネクタを、このキットのメス型10ピンコネクタへ接続する事でコントローラを割り込ませるしくみだ。

 

 

 

DSC07430
さて、いよいよ自動開閉ユニットの取り付け作業に入ろう。まずは運転席右側の小物入れを取り外す。

 

 

 


DSC07432
小物入れを開けた状態で斜め45度くらい上方へ引っ張ると、下部の嵌合が外れるので簡単に取り外す事が出来る。

 

 

 


DSC07439
小物入れを外した後、奥の方を覗いてみると・・・

 

 

 

DSC07440
ミラースイッチユニットの裏側、10ピンの白いコネクタが右側に見える。この辺りの工程からは念のため車載バッテリーのマイナス端子を外しておこう。

 

 

 

DSC07441
ミラースイッチユニットを取り外す。ちょっと固いが裏側から押すと取れる。もちろん10ピンの白いコネクタも外しておこう。

 

 

 

DSC07444
これが取り外したミラースイッチユニット。

 

 

 

DSC07445
ミラースイッチユニットの裏側。

 

 

 

DSC07446
ミラー格納キットのハーネス。繰り返しになるが、白いコネクタはミラースイッチユニットに割り込ませ、赤・青・緑の3本のコードは車体の各信号線と結線し、黒いコネクタはミラー格納ユニットのコントローラと接続する。

 

 

 


DSC07447
ミラースイッチユニットの裏側に先ほどの白いコネクタを挿す。

 

 

 

DSC07448
こんな状態。

 

 

 

DSC07449
ミラースイッチユニットを元の場所に戻す。

 

 

 


DSC07450
ミラースイッチユニットが元に戻った。

 

 

 

DSC07451
小物いれの奥に白いコネクタが見える。上のコネクタが車体側から出ているコネクタ。下の「A」と書いてあるコネクタが今回新しく取り付けるコネクタ。

 

 

 

DSC07452
これらのコネクタを・・・

 

 

 

DSC07454
合体!

 

 

 

DSC07455
キーレス連動ミラー格納ユニットのコントローラと黒色のコネクタを接続する。

 

 

 

DSC07456
接続したが、コントローラがぶらぶらするので・・・

 

 

 

DSC07457
小物入れ左奥にある鉄のフレーム部分に貼り付けるとしよう。

 

 

 

DSC07458
脱脂した後で超強力両面テープでコントローラをくっつけた。

 

 

 

DSC07459
コントローラユニットから出ている3本の線(赤、青、緑)を配線。

 

 

 

DSC07460
この辺りから3本の線を出す。

 

 

 

DSC07461
またまたこのコネクタ。常時電源は一番上の段にある黒に太い銀のラインが入ったケーブル、ドアアンロック線は下の赤色ケーブル、ドアロック線はその1本下にある青色のケーブル。全部電源線なので他の線よりも太いのが特徴。

 

 

 

DSC07462
青色のコネクタから出ている線を見やすく整線する。一番左の青い線がドアロック線、その右隣りの赤い線がドアアンロック線、その右隣の黒に太いシルバーのラインが入っているのが常時電源線。

 

 

 

DSC07463
ワンタッチコネクタで、それぞれの信号線とコントローラを接続する。

 

 

 

DSC07463a
ワンタッチコネクタはラジオペンチを使って、しっかりと圧着。

 

 

 

DSC07464
3本の線をワンタッチコネクタで分岐する事ができた。

 

 

 


DSC07467
ワンタッチコネクタは開かない様にケーブルタイで留めておくと安心だ。あとは内張りを元通りに戻すと作業は完了となる。

 

 

 

DSC07362
ちなみに、今回ご紹介した商品は輸入品で、様々なショップから販売されている。そこでショップによっては上記の様な注意書きが入っているのだが、私の愛車は取り付けが出来ないとされている「押すと戻ってしまうタイプのミラースイッチ」だが、正常に取り付け及び動作した。

 

 

ちなみに、ドアのロックをした時にサイドミラーが格納され、ドアのアンロックをした時にミラーが展開されるのだが、どんな感じか取り付け後の様子を撮影した以下の動画を参考にして欲しい。

 

まとめ

さて、今回ご紹介したキーレス連動ミラー格納ユニットについて

良いところと悪いところを挙げると以下の様になった。

 

■ココが惜しい

・説明書が無く、取り付け方法が分かりにくい

 

■ココがイイ

・サイドミラーのボタン操作をしなくても良い

・ミラーが格納されているとドアロックされているので、ドアのロックがされているか一目瞭然

・ちょっと高級車っぽくてカッコイイ

・便利な機能を追加する割には価格が安い

 

最後に

取り付け方法は同じノアでも、グレードや年式によって信号線の色が違っている場合があるので、必ず検電テスターで必要なタイミングで電気が流れるのかどうかを確認してから作業を始めて欲しい。

また、運転席のドアの内張り内にあるコネクタにアクセスする車種も多いので気を付けたい。

ちなみに結線を間違えた状態で動作させてしまうと、最悪の場合は回路が焼き切れてミラースイッチを押してもミラーが反応しなくなる事もあるので注意。

こういった車いじりは自己責任で行うのが定石なのだ。取り付けに自信が無い場合はカーディーラーやカーショップでやってもらう事をオススメする。

 

オススメ度:★★★★☆

 

 

 

 

関連記事

  1. DIGAを使って快適便利なテレビ生活を送る
  2. デジカメ写真を無線で飛ばしまくる超便利なアイテム
  3. 動画を撮影する為に生まれてきた
  4. ゾンビライトスイッチの取り付け(準備編)
  5. 炎天下で読書が出来る電子書籍端末
  6. ブラウンオーラルBの歯間ワイパー付きブラシを試してみた
  7. コレでスマートフォンのバッテリ切れが全く気にならない
  8. Amazon fire TVを買ってみて思った事

おすすめ記事

防塵・防滴・無敵の一眼レフカメラ

コストパフォーマンスが最強レベルのカメラPENTAXといえばリコーが販売するカメラのブランドだが…

車のナンバープレートに付けたバックカメラで車検は通るのか?

穴あけが不要で取り付けが簡単な、ナンバープレートへ取り付けるバックカメラ。ビートソニック社か…

リビングをシアターに変える方法

いい音といい映像で楽しさ倍増液晶テレビで映画を見ると、映画館とは違う。…

科学の力で頭をスッキリさせる

頭に速攻で届く栄養眠い。頭がスッキリしない。なんか疲れた。そういう時は脳に栄養が足りてい…

新緑が似合う歌声

ドライブしながら聴ける爽快な音楽を探していたら、こんなものを見つけた。…

コスパの高いICレコーダーはコレ

意外と便利なICレコーダー普段の生活で録音する事はほとんど無いと思うが、録音をうまく使いこなすと…

PAGE TOP