電化製品

Amazon fire TVを買ってみて思った事

Amazonのコンテンツが思う存分楽しめる機器

Amazonは通販を行っている会社として、あまりにも有名。ここの所はKindleという電子書籍も手がけている。

最近はAmazonビデオという数々の映画、テレビ番組といった動画の配信サービスを行っており、Amazonプライム会員であれば、その多くの動画を無料で楽しめ、動画はiPhone、iPad、Androidスマートフォン、パソコン等の様々な媒体で見る事が出来るのだ。

 

その映像をリビングにある液晶テレビで手軽に見たり、スマートフォンやタブレット等の画面をリビングの液晶テレビに映したりして皆で楽しめるAmazon fire TVという機器が2015年の10月末に発売された。

と、いう訳で今回はそのAmazon fire TVをご紹介しよう。

 


DSC08119
今回の主役、それがこのAmazon fire TVだ。液晶テレビとネットに接続すれば、様々な楽しさを提供してくれる。

 

 

 

DSC08121
裏側を見ると、これがどんなに楽しくて便利なものか記述されていた。ちなみに4Kテレビにも対応しているのだ。

 

 

 

DSC08125
オレンジ色のパッケージをスライドさせると黒い箱が出現。

 

 

 

DSC08126
黒い箱の裏側に封印を解く部分があるので、ここを左から右へ向けて剥がす。

 

 

 

DSC08127
宝石箱の様にパカッと開けるとビニールに包まれた本体が出現。

 

 

 

DSC08128
まだビニールをかぶっているが、これが本体だ。

 

 

 

DSC08130
ビニールをはがすと、本体はマットな質感で高級感がある。

 

 

 

DSC08131
本体の大きさはCDジャケットのケースよりも、ふた回りほど小さい。ちなみに左側のリモコンはテレビのリモコンだ。

 

 

 

DSC08133
本体にはこの様な入出力があり、左から電源、HDMI、LAN、microSD、USBだ。

 

 

 

DSC08129
本体の他にはリモコンと電源アダプターが入っている。  

 

 

 

DSC08135
これが説明書を除いたパッケージ内の機器。親切な事にリモコン用の電池も付いていた。

 

 

 

DSC08138
一応、説明書には簡単なボタンや入出力端子の説明書きがある。でも操作方法等の詳細な説明書きはない。

 

 

 


DSC08139
これが同梱のリモコン。

 

 

 

DSC08141
まずリモコンに電池を入れる。リモコンを裏返して・・・

 

 

 

DSC08142
リモコンの裏側のフタを上方向へスライドさせる。

 

 

 

DSC08143
そして本を開く様にパカッとフタを取ると、単3電池が2本入るスペースが出現する。

 

 

 

DSC08144
あとは電池を入れてフタを閉めるだけ。

 

 

 

DSC08145
さあ、いよいよ本体の設置だ。設置前にはインターネットにつながるLANケーブルと、液晶テレビにつながるHDMIケーブルを用意。そして電源コンセントも忘れずに。

 

 

 

DSC08150
それらのケーブルを本体に接続。

 

 

 

DSC08152
本体が動いているかどうかは左の方にある白いLEDで分かる。このLEDはリモコンのボタンを押した時もその動きに反応して光るのだ。

 

 

 

DSC08154
Amazon fire TVが起動すると最初にリモコン検出の画面が出る。ここでリモコンのホームボタンを10秒以上押し続けるのだが、ここだけは本体とリモコンが近くないと反応しないので出来るだけ近くでリモコンの操作を行う。

 

 

 


DSC08155
リモコンを認識するとこの画面になる。

 

 

 

DSC08157
初期設定では言語を選ぶ画面に。当然、日本語を選択。

 

 

 


DSC08160
Amazonで注文した時のアカウント情報が既に登録されていた。もし誰かにプレゼントするためAmazon fire TVを買うのなら、注文時に「ギフト設定」のチェックボックスをオンにしておくと情報は登録されず出荷される。

 

 

 

DSC08161
最初ちょっと戸惑ったのだが、决定ボタンはリモコンの輪っか内にある黒くて丸いボタン。おそらく一番多く利用するボタンとなるだろう。

 

 

 

DSC08162
初期設定が終わった後、謎のアニメーションが始まった。

 

 

 

DSC08163
Amazon fire TVがいかに素敵かを解説してくれる。

 

 

 

DSC08163a
画面はPlayStation3の様な感じ。忘れないうちに左側のメニューから設定を選び、その中からシステムアイコンを選択する。

 

 

 

DSC08163b
時間の設定がアメリカ太平洋夏時間になっているので、日本時間へ変更しておく。

 

 

 

DSC08163c
日本標準時になった。これで本当の意味での初期設定が完了した。

 

 

 

DSC08164
これがメインとなるホーム画面。リモコンの家の絵が書いてあるボタンを押すと、いつでもこの画面になる。そして左側に並ぶメニューから様々なサービスを利用できるのだ。

 

 

 

DSC08166
左側のメニューからTV番組を選んでみた。

 

 

 

DSC08167
次はゲームを選んでみた。ファイナルファンタジー3が無料で遊べる様だ。

 

 

 

DSC08168
次はアプリを選んでみた。アプリにはニコニコ動画、hulu、GYAO等の大手動画サイトのものが利用できるので、非常に親切だと思う。

 

まとめ

さて、今回ご紹介したAmazon fire TVについて

良いところと悪いところを挙げると以下の様になった。

 

■ココが惜しい

・説明書には必要最小限の事しか書かれていない

・リモコンの押した感覚が若干硬め

 

■ココがイイ

・Amazonプライム会員なら多くの動画を無料で閲覧できる

・本体が小さくて置き場所に困らない

・操作のレスポンスは非常に軽快で気持ちいい

・動画、静止画、音楽、アプリ、ゲームなど様々なサービスを利用できる

・性能の割には価格が安い

 

最後に

今回は初期設定を中心に紹介した感があるが、実際に使用した感想としてはボタンを押せばすぐ反応するレスポンスの良さと軽快感が非常に気持ちいいという点だ。

基本性能も高く、4Kテレビ対応、ドルビーPlus対応なので、この先も長いこと利用し続けられるだろう。

また、Amazonプライム会員だと比較的質の高い動画が多く見れるので、Amazonプライム会員であるならばAmazon fire TVは買って損しない、というか買わなければ損ではないか?といった商品へと変わる。

これから新しい動画やアプリがどんどん出てくる事が予想されるし、全く楽しみな機器だ。

 

オススメ度:★★★★★

 

 

 

関連記事

  1. マウスでは困難な操作を容易にするペン
  2. 可愛いだけじゃない!しっかりした造りのUSB充電コネクタ
  3. 電気を自由自在に操ってスマホの寿命を延ばす
  4. トラックボール付きの快適無線キーボード
  5. 車で走行中にTV視聴、DVD視聴、カーナビ操作をする方法
  6. 電子書籍を読むならコレしかない!(続編)
  7. 車を車検に通すための施策
  8. ブラウンオーラルBの歯間ワイパー付きブラシを試してみた

おすすめ記事

防塵・防滴・無敵の一眼レフカメラ

コストパフォーマンスが最強レベルのカメラPENTAXといえばリコーが販売するカメラのブランドだが…

車のナンバープレートに付けたバックカメラで車検は通るのか?

穴あけが不要で取り付けが簡単な、ナンバープレートへ取り付けるバックカメラ。ビートソニック社か…

リビングをシアターに変える方法

いい音といい映像で楽しさ倍増液晶テレビで映画を見ると、映画館とは違う。…

科学の力で頭をスッキリさせる

頭に速攻で届く栄養眠い。頭がスッキリしない。なんか疲れた。そういう時は脳に栄養が足りてい…

新緑が似合う歌声

ドライブしながら聴ける爽快な音楽を探していたら、こんなものを見つけた。…

コスパの高いICレコーダーはコレ

意外と便利なICレコーダー普段の生活で録音する事はほとんど無いと思うが、録音をうまく使いこなすと…

PAGE TOP