道具

マウスでは困難な操作を容易にするペン

マウスで絵を描く難しさ

パソコンでちょっとした漫画絵を描こうとしたら、けっこう操作が難しい。

それは、微妙なラインを描くにはマウスだと相当な熟練を要するからだ。

人間は小さい頃からペンを持って絵や文字を書く機会が多い為、パソコンで画面に絵を書くよりも、ペンで紙に絵を描く方が遥かに書きやすいのだろう。

でも、パソコンで絵を描いた方が保存やコピーが容易で劣化も無い。なんとかしてパソコンにペンで絵を描けないだろうか?

 


DSC09188
パソコンにペンで絵を描きたいならペンタブレットという選択肢があった。これはUSBでパソコンに接続するタイプのもの。

 

 

 


DSC09191
裏面はこの様になっている。

 

 

 

DSC09194
パッケージをオープン。

 

 

 

DSC09195
中に入っていたのはペンタブレット本体、デジタルペン、ペンの替芯4本と抜き取り工具、USBケーブル、CD-ROM、説明書。

 

 

 


DSC09196
これがペンタブレットの本体。スマートフォンを2まわりくらい大きくした程度の非常にコンパクトなボディだ。

 

 

 

DSC09197
付属のCD-ROMと大きさを比べてみても、そのコンパクトさが伺える。

 

 

 

DSC09198
マニュアルはWindowsのものと・・・

 

 

 

DSC09198a
Mac用のものが用意されている。両方とも英語表記だが図解が入っているので英語がほとんど分からなくても何となく内容は理解できる。

 

 

 

DSC09201
そして付属のUSBケーブル。これはペンタブレットとパソコンを接続する為のもの。

 

 

 

DSC09201a
これはデジタルペン。持ち手の部分にボタンが2つ付いており、専用ソフトウェアを使う事でそれぞれのボタンに役割を設定できる。

 

 

 

DSC09202
まずはデジタルペンに電池を入れなくては動かない。ペンはねじ込み式になっているので、ひねって分解する。

 

 

 

DSC09202a
そして単4電池をこの様にセットし、分解したデジタルペンを元に戻す。ちなみに単4電池は付属していないので、事前に何処かで買っておこう。

 

 

 

DSC09202c
デジタルペンの替芯が4本付いているが、これを交換する際には写真上部の工具を利用する。

 

 

 


DSC09202b
一応、付属していた説明書にはデジタルペンの芯を交換する方法が書いてあった。

 

 

 

DSC09203
芯を替える時はこの様にするらしい。

 

 

 

DSC09209
さて、お次はペンタブレットとパソコンを接続しよう。ペンタブレットのUSBコネクタへ・・・

 

 

 

DSC09211
付属のUSBケーブルを挿入する。

 

 

 

DSC09212
そしてUSBケーブルのもう片側をパソコンに接続すれば準備OK。

 

 

 

DSC09212a
そうそう、デジタルペンは電池を入れただけでは使えないのだ。

 

 

 

DSC09212c
こちらのボタンを・・・

 

 

 

DSC09212b
この様に押し込むとデジタルペンの電源が入るしくみだ。ちなみに電源を切る時は、もう一度押しこむとボタンが押し戻ってきて電源が切れる。

 

 

 

DSC09214
ペンタブレット本体にデジタルペンで何かを描こうとすると、接触する度に左上の緑色LEDが点灯する。ちなみにペンタブレットはパソコンの操作をするものであり、ここへ直接何かを描ける訳ではないので注意。

 

 

 


DSC09221
非常にスムーズで細やかな操作が可能となり、マウスで操作するよりも圧倒的に絵が描きやすくなった。

 

まとめ

さて、今回ご紹介したペンタブレットについて

良いところと悪いところを挙げると以下の様になった。

 

■ココが惜しい

・デジタルペンの電源オンオフ状態が分かりにくい

・付属のUSBケーブルが長すぎるのと、もう少し柔らかくても良かった

・デジタルペン用の電池は同梱されていない

 

■ココがイイ

・非常にレスポンス良く動作してくれる

・デジタルペンが思った以上に軽い

・ドライバーソフトを使えばボタン割り当て等のカスタマイズが出来る

・ちょっとした絵を描くにはちょうどいい大きさ

・価格が安い

 

最後に

デジタルペンのボタン設定等を行わないでペン操作さえ出来れば良いのであれば、ドライバーソフトのインストールは不要。

ちなみにドライバーソフトは付属のCD-ROMを使用するよりも、同梱されているURLを使用しネット上からダウンロードして行った方が良さそうだ。

 

この価格で、この手軽さとレスポンスの良さは特筆ものだと言える。

プロの漫画家やアニメーターならいざ知らず、素人やセミプロの人なら間違いなくコストパフォーマンスはトップクラスだろう。

それもそのはず。現段階でペンタブレット大手企業のWACOMの数万円する製品と同等の解像度、レスポンスをこの製品は有するのだから。

 

ちょっとしたお絵かきやビジネス文章の加筆等に威力を発揮するだろう。

 

オススメ度:★★★★★

HUION OSU用ペンタブ シグナチュアボード携帯式ペンタブレット H420 ブラック

価格:4,550円
(2016/11/19 15:50時点)
感想(0件)

 

関連記事

  1. 無線でデータを飛ばせるSDカード
  2. ゾンビライトスイッチの取り付け(準備編)
  3. 超激安な乾電池
  4. 車でバックしている最中のトラブル防止(前編)
  5. コレでスマートフォンのバッテリ切れが全く気にならない
  6. ハイレゾ対応で超高コストパフォーマンスなスピーカー
  7. 電子書籍を読むならコレしかない!
  8. 車でスマートフォンを充電出来るアイテム

おすすめ記事

IHクッキングヒーターの固着した汚れを徹底的に除去

長年使用したIHの汚れは手強い最近はIHクッキングヒーターの普及も進んでいて、利用している家庭が…

古臭くなった愛車に新車の輝きを蘇らせる方法

ヘッドライトの曇りが古臭い原因車に長年乗っているとヘッドライトがだんだん曇ってくる。やっかいな事…

防塵・防滴・無敵の一眼レフカメラ

コストパフォーマンスが最強レベルのカメラPENTAXといえばリコーが販売するカメラのブランドだが…

車のナンバープレートに付けたバックカメラで車検は通るのか?

穴あけが不要で取り付けが簡単な、ナンバープレートへ取り付けるバックカメラ。ビートソニック社か…

リビングをシアターに変える方法

いい音といい映像で楽しさ倍増液晶テレビで映画を見ると、映画館とは違う。…

科学の力で頭をスッキリさせる

頭に速攻で届く栄養眠い。頭がスッキリしない。なんか疲れた。そういう時は脳に栄養が足りてい…

PAGE TOP