道具

車を車検に通すための施策

車を改造した時は

例えば車外にLED等の発光物を取り付けたら、大抵の場合そのままで車検に通らない事が多い。

車検を通す為には、ON/OFFスイッチを付けて車検の時だけスイッチをOFFにして機能を無効にする等の施策が必要となるのだ。

そこで、車のバッテリーに直結したLEDフォグランプ自動点灯ユニット(バッテリーの電圧が13Vを超えた時だけLEDフォグランプに電気が流れる装置)の機能をON/OFFできるスイッチを取り付けてみた。

 

※自動点灯ユニットの取り付け記事はこちら

 

DSC09643
今回取り付けたのはDAYTONA 71779 ON/OFFスイッチ フラットタイプだ。

 

 

 

DSC09646
中身はON/OFFスイッチ本体、保証書、両面テープ、ワンタッチコネクター2個が入っている。

 

 

 

DSC09647
こちらがON/OFFスイッチ。

 

 

 

DSC09648
スライドスイッチタイプだ。

 

 

 

DSC09653
大きさはこれくらい。

 

 

 

DSC09659
さて、これからON/OFFスイッチを車に取り付ける為の下準備をしよう。まずはON/OFFスイッチの配線の端に・・・

 

 

 

DSC09665
こちらのギボシ端子(オスとメス)を取り付ける。

 

 

 

DSC09690
この様な状態にするのだ。

 

 

 

DSC09691
次はこのON/OFFスイッチを車に取り付けるため、両面テープを貼り付けるのだが・・・

 

 

 

DSC09694
両面テープを強力に取り付けるには、このシリコーンリムーバーを使って対象物を脱脂(脂分を除去)しよう。

 

 

 

DSC09692
この部分を脱脂して・・・

 

 

 

DSC09699
両面テープを貼り付ける。こうする事でガッチリと両面テープが固定されるのだ。

 

 

 

DSC09695
そしてフロントグリル裏側の下あたりに取り付けてある自動点灯ユニット下の開いたスペースにON/OFFスイッチをつけようと思う。

 

 

 

DSC09696
やはりここも脱脂しておこう。

 

 

 

DSC09701
この様にON/OFFスイッチを取り付ける。脱脂したのでガッチリと固定された。

 

 

 

DSC09724
お次はバッテリーとON/OFFスイッチの間にかませるケーブルを自作する。

 

 

 

DSC09739
片側にクワ型端子、もう片側はギボシ端子のオスが付いたケーブルが出来た。

 

 

 

DSC09740
こちらはバッテリーに接続された自動点灯ユニットの配線だが・・・

 

 

 

DSC09741
バッテリーのプラス端子に接続されていたケーブルを取り外し・・・

 

 

 

DSC09743
取り外したクワ型端子を・・・

 

 

 

DSC09745
切り落としてギボシ端子のメスを取り付ける。

 

 

 

DSC09747
バッテリーのプラス端子には、先ほど自作した片側クワ型端子もう片側がギボシ端子のオスがついたケーブルを接続する。

 

 

 

DSC09702
これはON/OFFスイッチのギボシ端子だが・・・

 

 

 

DSC09749
それぞれのギボシ端子に赤色ケーブルのギボシ端子を接続する。こうする事でバッテリーと自動点灯ユニットの間にON/OFFスイッチが割り込む形となるのだ。

 

 

 

swhaisen1
今回の作業を分かりやすく図解すると、バッテリー、自動点灯ユニット、フォグランプが上記の様に配線されていたのだが・・・

 

 

 

swhaisen2
バッテリーのプラス端子から伸びるケーブルの途中に、ON/OFFスイッチを割り込ませるという作業を実施した。

 

 

 

DSC09752
すると、ON/OFFスイッチをONにしておけばエンジン始動時に青色LEDフォグランプが点灯。

 

 

 

DSC09751
ON/OFFスイッチをOFFにしておけばエンジンを始動しても青色LEDフォグランプは点灯しない。この状態で車検に出せば一応問題は無いはずだ。

 

 

まとめ

さて、今回ご紹介したON/OFFスイッチについて

良いところと悪いところを挙げると以下の様になった。

 

■ココが惜しい

・特になし

 

■ココがイイ

・回路のON/OFFが簡単にできる

・フラットタイプなので使い勝手が良い

・スイッチが大きくて扱いやすい

・ON/OFFの表示が大きく分かりやすい

・防水タイプなので室外でも使用できる

・エンジンルーム内に付けるスイッチとしては最適

 

最後に

単なるON/OFFスイッチなのでそれほど多く語る事は無いが、

正直言って非常に使いやすいスイッチだと思う。

特にフラットタイプは、文字通りフラットな場所に取り付けるのに向いており

取り付けた後の見た目も非常に良い。

適度な抵抗感と大きめなON/OFF表示がとても使いやすいスイッチで、

エンジンルーム内にスイッチを取り付けるなら、コレ以外の選択肢はあまりないだろう。

 

オススメ度:★★★★★

デイトナ: ユニバーサルON/OFFスイッチ(フラットフェイスタイプ)ブラック 【バイク便不可】

価格:2,324円
(2016/11/19 16:01時点)
感想(2件)

 

関連記事

  1. コンパクトにゴミやホコリを吹っ飛ばす
  2. 反応が悪くなった車のリモコンキーを復活させる方法
  3. 壁に開いた穴をキレイに修復する方法
  4. 猫の毛もホコリも根こそぎキャッチ
  5. 自宅で電子マネーにチャージする方法
  6. こんな所に部屋干し!?予想外のアイデア商品。
  7. 車で走行中にTV視聴、DVD視聴、カーナビ操作をする方法
  8. お風呂上がりに快適で楽ちんなアイテム

おすすめ記事

防塵・防滴・無敵の一眼レフカメラ

コストパフォーマンスが最強レベルのカメラPENTAXといえばリコーが販売するカメラのブランドだが…

車のナンバープレートに付けたバックカメラで車検は通るのか?

穴あけが不要で取り付けが簡単な、ナンバープレートへ取り付けるバックカメラ。ビートソニック社か…

リビングをシアターに変える方法

いい音といい映像で楽しさ倍増液晶テレビで映画を見ると、映画館とは違う。…

科学の力で頭をスッキリさせる

頭に速攻で届く栄養眠い。頭がスッキリしない。なんか疲れた。そういう時は脳に栄養が足りてい…

新緑が似合う歌声

ドライブしながら聴ける爽快な音楽を探していたら、こんなものを見つけた。…

コスパの高いICレコーダーはコレ

意外と便利なICレコーダー普段の生活で録音する事はほとんど無いと思うが、録音をうまく使いこなすと…

PAGE TOP