文具

いつでも何処でも手軽に電子メモ(前編)

出先で打ち合わせのメモをとる時、手帳にペンで記述するのが普通だが、タッチタイピング出来る人なら手書きよりもパソコン等でテキスト入力を行った方が書き留める速度が圧倒的に早い上に、電子データなので二次利用も容易でメリットも多い。

かといってパソコンをいつも持ち歩くのは重いし荷物になる。

 

スマホにブルートゥースキーボードとセットでパソコンっぽいテキスト入力は出来るが、メモを作成出来る様になるまでの準備に手間がかかり、設置する際にはパソコンと同じくらいの広さが必要になり使い勝手はイマイチだったりする。

 

そこでごオススメしたいのは、パソコンよりも遥かに軽く、遥かに小さく、スマホの様に起動と終了が迅速なテキスト入力専用の端末。

キングジムのポメラというツールだ。

 

DSC09835
こちらがキングジムのpomeraというテキスト入力装置の箱。

 

 

 

DSC09836
箱を開けると箱の中に更に化粧箱が入っていた。手前の小さな凹みが少々気になる。

 

 

 

DSC09843
仕様はこの様な感じだ。

 

 

 

DSC09844
さっそく化粧箱を開けてみた。

 

 

 

DSC09845
本体を取り出すと下からマニュアルとか色々なものが顔を出す。

 

 

 

DSC09848
そしてこれが箱に入っていた物品の全てだ。

 

 

 

DSC09847
こちらがポメラDM100の本体。右上の黄色いシールは使用する時にはめくって外しておこう。

 

 

 

DSC09851
パカッと開けるとパソコンっぽい。

 

 

 

DSC09854
キーボードの上にはこの様な親指シフトを利用する時のシールが置いてあった。

 

 

 

DSC09855
親指シフトのシールを取ると本格的なキーボードが出現する。液晶部分には透明シールが貼ってあるので使用時にはめっくて外しておこう。

 

 

 

DSC09857
キーボードの配列はこの様になっている。キートップの大きさも打ちやすさも普通のパソコンと比べ遜色ない。

 

 

 

DSC09860
液晶部分は小さい感じもするが、テキスト入力がメインの用途なので実際に使ってみると画面の狭さは感じられない。

 

 

 

DSC09861
液晶画面の左側には物理ボタンが付いている。Bluetoothボタンはスマホ等と接続し外付けキーボードとして使う時に押し、QRコードボタンは書いたテキストをQRコードに変換しスマホのカメラで撮影する事でスマホへテキストを転送する時に押し、カレンダーボタンはカレンダーを表示させたい時に押す。

 

 

 

DSC09862
液晶画面の左側には各種辞書の物理ボタンが付いている。国語辞書、英和辞書、和英辞書が内蔵されており、それぞれのボタンを押した後で画面に出てくる検索窓に検索したいワードを入力すると、瞬時に意味が詳細に表示されるのだ。

 

 

 

DSC09863
一応、キーボードの上部に電源ボタンが付いてはいるが、液晶の付いたフタを閉じると電源がOFFになり、フタを開けると電源がONになる為、この電源ボタンはほとんど使わないだろう。

 

 

 

DSC09865
こちらはポメラの裏側。

 

 

 

DSC09866
電池を入れないと使えないので、とりあえずここから電池を入れよう。電池を入れる時には写真のロックレバーを左から右へスライドさせてから電池カバーを取り外す。

 

 

 

DSC09867
電池カバーを外したところ。

 

 

 

DSC09868
使う電池は単三電池が2本。これで30時間連続使用が可能となる。

 

 

 

DSC09868b
電池を入れる前、一番最初に上記の黒いビラビラを取り外しておく必要がある。

 

 

 

DSC09868c
この様に黒いビラビラを引っ張って外せば、内蔵のコイン電池の絶縁が外れ内蔵された時計が時を刻み、設定変更等をしてもちゃんと内容が記録される様になるのだ。ちなみに内蔵されているコイン電池はCR2016。

 

 

 

DSC09868d
電池を入れて・・・

 

 

 

DSC09868e
電池カバーを閉じて、ロックレバーを左側にスライドさせロックする。これで準備OKだ。

 

 

 

DSC09869
ちなみにこのポメラにはストラップを付ける為の穴が空いているが、これは不要なんではないかと個人的に思う。

 

 

 

DSC09869a
ちなみにインターフェイスとしてはは本体向かって左側の側面に、USBポートとSDカードスロットが付いている。

 

 

 

DSC09850
USBポートはスマホで主流のMiniUSB TYPE Aではなく、MiniUSB TYPE Bが採用されている。スマホの充電用USBケーブルは使い回しできないので注意が必要だ。

 

 

 

DSC09870
電源を入れると(フタを開けると)ポメラが起動する。起動時間は約3秒くらいでパソコンに比べ非常に高速だ。また、入力時の漢字変換に利用されるソフトは日本語変換に定評のあるJUSTシステムのATOKが採用されている所も、テキスト入力に対する本気度が伺える。

 

 

 

DSC09872
電源をONして3秒後、この画面からテキスト入力が開始できる。

 

まとめ

さて、今回ご紹介したポメラDM100Aについてだが、まだ下準備の部分しかご紹介していない為、

実際の使い勝手や正直な感想は次にまわそうと思う。

次回を乞うご期待!

キングジム DM100 デジタルメモ「ポメラ」

価格:20,278円
(2016/11/19 16:09時点)
感想(11件)

 

関連記事

  1. くまモンが夕方のお散歩をサポート
  2. 風邪予防に1台5役の万能加湿器を
  3. ハイレゾ対応で超高コストパフォーマンスなスピーカー
  4. 大掃除に大活躍な万能掃除機
  5. 私の彼はパイロット?大人のCOCOON
  6. 各機器ごとに最適で最速な充電が可能な装置
  7. 男なら無刻印!
  8. コレでスマートフォンのバッテリ切れが全く気にならない

おすすめ記事

防塵・防滴・無敵の一眼レフカメラ

コストパフォーマンスが最強レベルのカメラPENTAXといえばリコーが販売するカメラのブランドだが…

車のナンバープレートに付けたバックカメラで車検は通るのか?

穴あけが不要で取り付けが簡単な、ナンバープレートへ取り付けるバックカメラ。ビートソニック社か…

リビングをシアターに変える方法

いい音といい映像で楽しさ倍増液晶テレビで映画を見ると、映画館とは違う。…

科学の力で頭をスッキリさせる

頭に速攻で届く栄養眠い。頭がスッキリしない。なんか疲れた。そういう時は脳に栄養が足りてい…

新緑が似合う歌声

ドライブしながら聴ける爽快な音楽を探していたら、こんなものを見つけた。…

コスパの高いICレコーダーはコレ

意外と便利なICレコーダー普段の生活で録音する事はほとんど無いと思うが、録音をうまく使いこなすと…

PAGE TOP