電化製品

超激安な乾電池

テレビやビデオのリモコン、置き時計、電動歯ブラシ、Wiiのリモコン、ゲームのコントローラー、ウォシュレットのリモコン等、乾電池はありとあらゆる所に利用されている。

よく使う乾電池だが、電気屋さんで激安乾電池が売っているものの電池が切れる度に買いに行くのは面倒だし、使い終わった乾電池の処分も大変だ。

そういう場合は充電して繰り返し使える充電式乾電池を使ってみては如何だろうか?

 

DSC09943
こちらがオススメ品のamazon basics充電式乾電池。

 

 

 

DSC09945
パッケージを開封するには、まず裏向けにして・・・

 

 

 

DSC09946
点線部分に添ってカッターで切る。

 

 

 

DSC09947
パッケージが開いた。

 

 

 

DSC09948
中に入っている説明書は世界各国の言語で記述されていた。写真は日本語部分の説明。

 

 

 



DSC09949
肝心の乾電池はこの様な形で格納されている。

 

 

 

DSC09950
これは単三電池だが、乾電池全体が硬めのビニールでシュリンクしてある。

 

 

 

DSC09951
乾電池の裏面。

 

 

 


DSC09952
ちょっと硬めのビニールを取り去ると、マットで肌触りの良い乾電池が姿を現す。

 

 

 

DSC09953
1本だけ取り出してみた。

 

 

 

DSC09954
プラス側の端子を見ると一見普通に見えるがプラス端子の出っ張りが少ない。その分、黒いボディーの部分が長くなっているので、乾電池を入れる時サイズ的に入りにくい電化製品もあるので注意が必要だ。

 

 

 

DSC09955
乾電池のマイナス側端子。こちらは何の問題もないだろう。

 

 

 

DSC09956
一応、乾電池の裏側のアップ。手触りが非常にスベスベしていて気持ちいい。

 

 

 

DSC09957
乾電池は2,400mAhの容量があり、スマートフォンを1回充電出来るだけの電力を蓄えられる。更に充電回数は500回位まで使用できるので、非常に経済的だ。

 

まとめ

さて、今回ご紹介したamazon basics充電式乾電池について

良いところと悪いところを挙げると以下の様になった。

 

■ココが惜しい

・急速充電対応ではないので充電に時間がかかる

・プラス端子が短いので機器によっては入りにくい

 

■ココがイイ

・大容量の電気が蓄えられる

・繰り返し利用できて経済的

・手触りがとにかく気持ちいい

・コストパフォーマンスが高い

 

最後に

特筆すべきは手触りの良さと大容量さ。

手触りなんて性能に何の関係も無いのだが、そんな所にもこだわって作りこまれている所に好感が持てる。

電池自体の性能は、その昔に高品質として定評のあったSANYO eneloopをベースに作られているらしく、現在販売されている充電式乾電池の中でも間違いなくトップレベルの性能だ。

ただし、急速充電には対応しておらず満充電になるまで7〜8時間ほどかかるのはマイナス点か。

 

オススメ度:★★★★★

 

関連記事

  1. SDカードの中身を見てみたい
  2. 車のナンバープレートに付けたバックカメラで車検は通るのか?
  3. 車のフォグランプをLEDに交換してみた
  4. Amazon fire TVを買ってみて思った事
  5. HDMIのコネクタ数を3倍増やすには
  6. 炎天下で読書が出来る電子書籍端末
  7. 車のエンジンルーム内に電源を確保
  8. リビングをシアターに変える方法

おすすめ記事

IHクッキングヒーターの固着した汚れを徹底的に除去

長年使用したIHの汚れは手強い最近はIHクッキングヒーターの普及も進んでいて、利用している家庭が…

古臭くなった愛車に新車の輝きを蘇らせる方法

ヘッドライトの曇りが古臭い原因車に長年乗っているとヘッドライトがだんだん曇ってくる。やっかいな事…

防塵・防滴・無敵の一眼レフカメラ

コストパフォーマンスが最強レベルのカメラPENTAXといえばリコーが販売するカメラのブランドだが…

車のナンバープレートに付けたバックカメラで車検は通るのか?

穴あけが不要で取り付けが簡単な、ナンバープレートへ取り付けるバックカメラ。ビートソニック社か…

リビングをシアターに変える方法

いい音といい映像で楽しさ倍増液晶テレビで映画を見ると、映画館とは違う。…

科学の力で頭をスッキリさせる

頭に速攻で届く栄養眠い。頭がスッキリしない。なんか疲れた。そういう時は脳に栄養が足りてい…

PAGE TOP