道具

こんな所に部屋干し!?予想外のアイデア商品。

部屋の中に洗濯物を干すのが部屋干し。

とは言っても部屋の中に物干し竿があるわけでもなく干す場所は限られる。

そう考え、改めて部屋の中を見渡すと・・・

カーテンレールが物干し竿っぽい感じに見えてきた。

と、いう事で今回はカーテンレールを有効活用できる部屋干しアイテムをご紹介しよう。

 

DSC00133
カーテンレールに取り付ける部屋干しアイテム。それがこの「おさげやす」だ。

 

 

 


DSC00136
パッケージの裏面。

 

 

 

DSC00137
よく見ると「おさげやす」の使い方が書いてある。

 

 

 


DSC00139
「おさげやす」は2個入りだ。

 

 

 

DSC00140
フック部分はプラスチック製。そこにマジックテープのベルトが付いている構造となっている。

 

 

 

DSC00142
マジックテープのベルト部分を外してみよう。

 

 

 

DSC00143
ベルト部分はけっこうな長さがあった。通常のカーテンレールなら2周くらい巻けるだろう。

 

 

 

DSC00144
さて、家のカーテンレール(ウッドのやつ)に「おさげやす」を取り付けてみる。

 

 

 


DSC00145
マジックテープのベルトで取り付けると、こんな感じになる。

 

 

 


DSC00146
アップして見ると、ちゃんとしっかりくっついている。しかし左右にスライドするのでカーテンの開け閉め時に邪魔にならない。

 

 

 

DSC00148

こういう風にカーテンレールへハンガーを引っ掛けられる。もちろんココへ服を干すのだ。ちなみにこの「おさげやす」を使わないでハンガーを直接カーテンレールに引っ掛けるとハンガーが斜めに引っかかるので、ハンガーがカーテンにめり込んでしまい見た目も悪くなってしまう。

 

 

 


DSC00147
こういった洗濯ハンガーを引っ掛けると、やはりカーテンへのめり込みを軽減できる。しかもカーテンレールへの傷やダメージも軽減できるのだ。

 

まとめ

さて、今回ご紹介したおさげやすについて

良いところと悪いところを挙げると以下の様になった。

 

■ココが惜しい

・2個しか入ってない

・簡単な構造の割に値段が高い

 

■ココがイイ

・カーテンレールを有効活用できる

・旅行用のスーツケースの取手部分にもフックを取り付けられる

・マジックテープで取り付ける為、取付物に傷が付きにくい

・マジックテープなので何度でも取り外しと取り付けが可能

・アイデア次第で色々使える

 

最後に

今までは部屋干しするのにカーテンレールへ直接ハンガーを引っ掛ける事が多かったが、カーテンが圧迫されて隙間が空いたり、見た目もよく無かった。

だが、このフックを使うと従来の問題を解決できた。しかもカーテンレールだけでなく棒状の物であれば何処にでも取り付けられる為、アイデア次第で色々と使えそうだ。

 

また、固定するベルト部分がマジックテープになっているので、何度でも取り外しや取り付けが出来る所もポイントが高い。

 

これからの季節は部屋干しの機会も多くなってくるので、この「おさげやす」が活躍する場も増えそうだ。

 

オススメ度:★★★★★

ゴーウェル キャリーケース荷物用フック おさげやす【メール便可】

価格:660円
(2016/11/19 16:19時点)
感想(1件)

 

関連記事

  1. シミ消し薬を使ってみた
  2. 電気を自由自在に操ってスマホの寿命を延ばす
  3. 日本刀で羊羹を切る
  4. 二股で充電
  5. 壁に開いた穴をキレイに修復する方法
  6. タロット占いをする時に必ず必要な脇役
  7. 優しくガッチリ掴めば誰も傷つかない
  8. 35%の節水を実現するシャワーヘッド

おすすめ記事

防塵・防滴・無敵の一眼レフカメラ

コストパフォーマンスが最強レベルのカメラPENTAXといえばリコーが販売するカメラのブランドだが…

車のナンバープレートに付けたバックカメラで車検は通るのか?

穴あけが不要で取り付けが簡単な、ナンバープレートへ取り付けるバックカメラ。ビートソニック社か…

リビングをシアターに変える方法

いい音といい映像で楽しさ倍増液晶テレビで映画を見ると、映画館とは違う。…

科学の力で頭をスッキリさせる

頭に速攻で届く栄養眠い。頭がスッキリしない。なんか疲れた。そういう時は脳に栄養が足りてい…

新緑が似合う歌声

ドライブしながら聴ける爽快な音楽を探していたら、こんなものを見つけた。…

コスパの高いICレコーダーはコレ

意外と便利なICレコーダー普段の生活で録音する事はほとんど無いと思うが、録音をうまく使いこなすと…

PAGE TOP