道具

Amazon Kindle Paperwhiteで電子書籍を楽しむ

ちょっと前から流行っている電子書籍。利用してみるとその便利さ故に手放せなくなる。

何千冊もの本を片手で持てる大きさにまで圧縮出来るので本の保管場所が不要だったり、

大量の本から読みたい本を探す時に検索機能で瞬時に見つける事が出来たり、

本が色あせたり破れたりせず、いつまでもキレイなままで読めたり、

分からない単語や語句を簡単に検索できたり、ブックマークやライン引きも簡単に出来たり、

細い所を言い出すとキリがない位にメリットが多い。

今回はそんな電子書籍を楽しむ為の少々高性能な端末(電子書籍リーダー)をご紹介しよう。

 

DSC00330
こちらがAmazonの電子書籍リーダーである「Kindle Paperwhite」

 

 

 

DSC00332
傷が付かない様にビニールの包装がされている。

 

 

 



DSC00333
ビニールを取り外してみたら、マットな感じのパッケージだった。

 

 

 

DSC00334
さて、これから開封していこう。

 

 

 

DSC00337
開封するにはこの部分を矢印の方向に手でビリビリ破るか、カッターで切るのだが・・・

 

 

 

DSC00338
手でビリビリ破ってみた。この状態になったら「未開封です」という言い訳なんか出来ない。

 

 

 

DSC00339
箱の中にはKindle Paper White(右)とUSBケーブル(左)が入っていた。

 

 

 


DSC00343
Kindle Paper White ホワイトバージョンは白い色がキレイな端末だ。これ意外にブラックのバージョンもある。

 

 

 

DSC00342
裏面にはamazonのロゴが刻印されている。質感は柔らかい印象でとてもいい感じ。

 

 

 



DSC00346
画面には電源ボタンの場所が表示してあったので、さっそく電源ボタンを押してみると・・・

 

 

 



DSC00347
バックライトがONになり電源が投入された。バックライトがONになった途端にコントラストが高くメリハリのある画面となる。

 

 

 

DSC00349
言語の選択はもちろん「日本語」

 

 

 

DSC00351
1〜2分ほど待たされる。

 

 

 

DSC00353
待っている間に電源ボタンまわりを撮影してみた。ちなみに電源ボタンの左側にあるインターフェイスはUSBのポートだ。

 

 

 



DSC00354
次は設定のスタート画面が表示された。この初期設定は最初に1回やるだけなので面倒がらずに行おう。

 

 

 



DSC00356
お次はWi-Fi環境への接続を行う。

 

 

 

DSC00357
アカウント情報はamazonで注文した時から設定されているので、Wi-Fi環境への接続を行うだけで初期設定が完了するのだ。細い設定内容は過去の記事「電子書籍を読むならコレしかない!」を参照して欲しい。

 

 

 


DSC00358
これでKindle Paper Whiteの設定は完了しホーム画面が表示された。この画面が全ての操作の起点になる。

 

 

 


DSC00359
電源ボタンを押して電源をOFFすると、こんな画面になる。電子インクを利用しているので電気が通電していなくても画面表示は消えないのだ(画面消去をしたい場合はメニューからその旨を選択しよう)

 

まとめ

さて、今回ご紹介したKindle Paper White ホワイトバージョンについて

良いところと悪いところを挙げると以下の様になった。

 

■ココが惜しい

・画面はスクロールせず画面切り替え方式となる

 

■ココがイイ

・非常に大量の本を片手の中に収める事ができる

・読みたい本が検索機能ですぐ見つかる

・読み方が分からない漢字の読みと意味がすぐに分かる

・解像度が300dpi(1インチあたり300ドット)なので印刷物の様にキレイな表示

・バックライト付きで薄暗い場所でも読書ができる

・1回の充電で数週間ほどバッテリーが持続する

・端末の起動と終了が非常に早い

・本体が非常に軽いので長時間持っていても腕が疲れにくい

 

最後に

写真では分かりにくいが、解像度が非常に高く文字が読みやすい。

また、絵や写真も印刷物の様なクオリティなので、ページをパラパラとめくる動作こそ無いが本当の書籍を読んでいるみたいな錯覚を受けた。

個人的にはもう少し画面が大きいと嬉しいと思ったが、他メーカーの電子書籍リーダーを見ても同じ様な画面サイズなので、ここは今後に期待したい所である。

いずれにしても、自分が保有する何百冊という本がいつでも何処でも手軽に楽しめる。という所が最大のメリットではないだろうか。

 

オススメ度:★★★★★

 

 

関連記事

  1. ダウンライトをLED化してみたら気付いた事実
  2. 大掃除に大活躍な万能掃除機
  3. 男性を虜にする香り
  4. 車でスマートフォンを充電出来るアイテム
  5. 水道の蛇口へホースをつなぐのに必要なのはコレ
  6. 小旅行で活躍するショルダーバック
  7. 壁に開いた穴をキレイに修復する方法
  8. 電子書籍を読むならコレしかない!(続編)

おすすめ記事

防塵・防滴・無敵の一眼レフカメラ

コストパフォーマンスが最強レベルのカメラPENTAXといえばリコーが販売するカメラのブランドだが…

車のナンバープレートに付けたバックカメラで車検は通るのか?

穴あけが不要で取り付けが簡単な、ナンバープレートへ取り付けるバックカメラ。ビートソニック社か…

リビングをシアターに変える方法

いい音といい映像で楽しさ倍増液晶テレビで映画を見ると、映画館とは違う。…

科学の力で頭をスッキリさせる

頭に速攻で届く栄養眠い。頭がスッキリしない。なんか疲れた。そういう時は脳に栄養が足りてい…

新緑が似合う歌声

ドライブしながら聴ける爽快な音楽を探していたら、こんなものを見つけた。…

コスパの高いICレコーダーはコレ

意外と便利なICレコーダー普段の生活で録音する事はほとんど無いと思うが、録音をうまく使いこなすと…

PAGE TOP