道具

Kindle Paperwhiteを守るカバー

前回ご紹介したKindle Paperwhiteだが、持ち運ぶシーンが多い事から傷や衝撃や埃から守ってやらないと、精密機器だけに故障の原因となりかねない。

そういう訳で、今回はKindleを様々な危機から守り使い勝手も良くしてくれるカバーをご紹介しよう。

 


DSC00360
これがKindle Paperwhite用のカバーだ。

 

 

 

DSC00361
裏面には様々な国の言語で説明書きが書いてあった。

 

 

 

DSC00362
中身はこの様にシンプルなものだった。

 

 

 


DSC00364
パカッと開けると特に何も入っていない。何故なら、これからKindle Paperwhiteを入れるからだ。

 

 

 

DSC00366
おもむろに、Kindle Paperwhiteをハメ込んでみた。本当にパコッとハメ込むだけでピッタリとハマる。

 

 

 

DSC00367
とてもシンプルな感じ。で飽きのこないデザイン。

 

 

 

DSC00369
下の部分には電源スイッチやUSBコネクタにアクセス出来る様、切り欠きがあるのが嬉しい。

 

 

 


DSC00370
この部分は磁石になっており、閉じた時にいい感じでピッタリ固定される。ちなみに閉じた後はKindle Paperwhiteの電源が自動的にOFFとなり、開くと電源がONとなるので非常に便利。

 

 

 


DSC00371
余談だが、Kindle Paperwhiteはブラウザを内蔵しているので、無線LANでインターネットに接続していればホームページの表示が可能だ。

 

 

 

DSC00372
画面はYahoo!のホームページを表示させたところ。

 

 

 

DSC00373
もちろんGoogleにもアクセスできるので、あれもこれも検索しまくりだ。

 

まとめ

さて、今回ご紹介したKindle Paper Whiteカバーについて

良いところと悪いところを挙げると以下の様になった。

 

■ココが惜しい

・Kindle Paperwhiteを無理やりハメ込むと微妙に建て付けが悪くなる

・若干値段が高い(それでも他のKindle Paperwhite用カバーよりは安い)

 

■ココがイイ

・質感がまあまあ良い

・片手で長時間持っていても疲れないくらいの軽さ

・Kindle Paperwhiteの電源ONとOFFがフタの開閉に連動して自動的に行われる

 

最後に

製品自体の質感はまあまあ良く、軽くて使い勝手は良い。

また、カバーのフタを閉じるとKindle Paperwhiteの電源がOFFとなり、フタを開くと電源がONとなるので、読書の中断と再開が非常にスムーズに行える。

ただし気を付けないといけないのは、Kindle Paperwhiteの本体を購入する際に「キャンペーン情報なし」のものを選択しておこう。でないと、せっかくの電源ON、OFF機能の使い勝手が悪くなる。

それは、キャンペーン情報付きのものはカバーのフタを開いて電源がONとなるものの、広告の表示がワンクッション入り指でスライドさせないとKindle Paperwhiteが本当の意味で起動しない。

つまり、すぐに読書が始められないジレンマをカバーのフタが開かれる回数分だけ味わう事となるのだ。

とりあえず、Kindle Paperwhiteを購入したら真っ先に揃えておきたいアイテムのひとつだろう。

 

オススメ度:★★★★★

 

 

関連記事

  1. 気持ちいいくらい静かなマウス
  2. バカになったネジ穴を復活させる方法
  3. 検電テスターの決定版
  4. 電子書籍を読むならコレしかない!
  5. いつまでも温かく、いつまでも冷たい
  6. 迷ったらコレ。倒れないゴミ箱
  7. 小旅行で活躍するショルダーバック
  8. 車を車検に通すための施策

おすすめ記事

防塵・防滴・無敵の一眼レフカメラ

コストパフォーマンスが最強レベルのカメラPENTAXといえばリコーが販売するカメラのブランドだが…

車のナンバープレートに付けたバックカメラで車検は通るのか?

穴あけが不要で取り付けが簡単な、ナンバープレートへ取り付けるバックカメラ。ビートソニック社か…

リビングをシアターに変える方法

いい音といい映像で楽しさ倍増液晶テレビで映画を見ると、映画館とは違う。…

科学の力で頭をスッキリさせる

頭に速攻で届く栄養眠い。頭がスッキリしない。なんか疲れた。そういう時は脳に栄養が足りてい…

新緑が似合う歌声

ドライブしながら聴ける爽快な音楽を探していたら、こんなものを見つけた。…

コスパの高いICレコーダーはコレ

意外と便利なICレコーダー普段の生活で録音する事はほとんど無いと思うが、録音をうまく使いこなすと…

PAGE TOP