場所

群馬県のドイツ村

旨いソーセージを食べながら、旨いビールを飲みたい!

と、思ったらドイツへ行きたくなるが、ヨーロッパの方は遠くて気軽に行けるものではない。

そこで、群馬県にドイツに行った気分になれる場所があるので、ちょっとご紹介しようと思う。

 



DSC00438
今回ご紹介するのは、クローネンベルクというドイツ村。群馬県前橋市にあるので首都圏からだと車で2時間もかからずに行けるだろう。

 

 

 


DSC00439
基本的に車で行く事になるのだが、駐車場は広くて良い感じ。でも牛の糞の臭いがするのはいただけない。

 

 

 

DSC00437
駐車場から階段を上るとクローネンベルクの門が見えてくる。ここから先がドイツの領域だ。

 

 

 

DSC00441
クローネンベルクの門をくぐって最初に出会うのが木製のブタ。平和すぎる。

 

 

 


DSC00444
お次に出会う動物はヤギ。実はヤギという動物は意外と獰猛なので、怒らせないようにしよう。

 

 

 

DSC00445
後ろを振り返ると、さっきくぐってきた門が見えるモン。

 

 

 

DSC00446
この時計台の下をくぐると、本格的にドイツ村がスタートする。

 

 

 


DSC00448
本格的に始まったドイツ村の広場。端の方にはビールやソーセージが売っているワゴンや、おみやげ屋さんが存在する。

 

 

 

DSC00451
広場の中心にはクマの石像が置いてった。「なんやお前?」という声が聞こえてきそうだ。

 

 

 

DSC00453
また後ろを振り返ると、さっきくぐってきた時計台が見える。やはり平和な雰囲気だ。

 

 

 

DSC00454
しばらく歩くと、汽車が道路を走っていた。お金を払えば乗せてもらえるらしい。

 

 

 

DSC00457
一面に咲く花。所々に花が植えられているので、とても景観が良いのだ。

 

 

 

DSC00458
どんどん奥へと進んでみる。

 

 

 

DSC00459
こんな奥地にもヤギが放牧されていた。

 

 

 

DSC00463
こちらは羊の追い込みショー。犬を使って羊を思った場所へと移動させる様子を見せてくれる。

 

 

 


DSC00465
犬に追い込まれて移動を余儀なくされる羊。でも実は何度もショーをやっているから羊が進行に慣れてしまっており、犬に追い込まれる前に自ら決められた場所に移動してしまう羊。

 

 

 

DSC00473
こちらが羊を一生懸命追い込んでお仕事が完了した後の犬(名前:ジョー君)

 

 

 

DSC00478
追い込まれた羊の毛が刈られている様子。思った以上に羊はおとなしくしていた。これが人間だったら大変な騒ぎだ。

 

 

 

DSC00480
羊から刈った毛は、こんな大きな1枚の固まりになっているのが凄い。

 

 

 

DSC00483
毛を刈られた羊と毛を刈られなかった羊。明日は我が身か。

 

 

 

DSC00489
クローネンベルクの一番奥地は緑でいっぱいだった。遠くに街の景色が広がっており、きっと夜景はキレイだろう。

 

 

 

DSC00493
池ではスワンボートにも乗れる。カップルで来た際には是非とも乗って欲しい。運が良ければブラック・スワンにも乗れるだろう。

 

 

 


DSC00494
いきなり真実の口が出現。これってローマじゃなかったっけ?ちなみに、この先には遊園地とゲームセンターがある。

 

 

 

DSC00499
こちらはヤギに触れ合いまくりの広場。牛の乳搾りも体験できるのだ。

 

 

 

DSC00496
さっき羊追いショーで見たジョー君を全く違う場所で発見。仕事疲れで休憩中の様だ。休日に我々が楽しませてもらっているのは、こうやって働いている者のおかげだろう。

 

まとめ

さて、今回ご紹介したクローネンベルクについて

良いところと悪いところを挙げると以下の様になった。

 

■ココが惜しい

・車でないと行けない

・あらゆる場所が牛臭い

・入場料がかかる

 

■ココがイイ

・駐車場が広い

・人が少ない

・動物や植物にたくさん触れ合える

 

最後に

クローネンベルクへ行ったのは土曜日だったのに、人の少なさにビックリした。

また、駐車場も一部閉鎖されており、最初に閉鎖された駐車場を見てしまった為、クローネンベルクはもしかして閉館したのでは!?と勘違いしたほどだ。

しかし、人が少ないので気持よく自然と動物に触れ合う事ができるというメリットはあるだろう。

のんびり、ゆったり、ビールでも飲みながらソーセージをほおばり、お土産にチーズやパンを買い、普段のストレス社会から逃れるには十分に気持ちを満たしてくれる場所だと思う。

 

オススメ度:★★★★✩ 

 

 
店名 赤城クローネンベルク
住所 群馬県前橋市苗ヶ島町2331
営業時間 9:00〜17:00
ホームページ http://akagi-kronenberg.jp/

 



 

関連記事

  1. 子育てする人にありがたい穴場公園
  2. レトロ自販機の里
  3. ムーミンの世界が超リアルに再現された公園
  4. 海の無い県で新鮮な魚を食べる
  5. 野球選手が御用達の神社
  6. 「ところてん」と「寒天」の違いをご存じだろうか?
  7. 関東地方最大!鉄道好きじゃなくても楽しめる鉄道博物館
  8. 関東最大級のパワースポットは大賑わい

おすすめ記事

防塵・防滴・無敵の一眼レフカメラ

コストパフォーマンスが最強レベルのカメラPENTAXといえばリコーが販売するカメラのブランドだが…

車のナンバープレートに付けたバックカメラで車検は通るのか?

穴あけが不要で取り付けが簡単な、ナンバープレートへ取り付けるバックカメラ。ビートソニック社か…

リビングをシアターに変える方法

いい音といい映像で楽しさ倍増液晶テレビで映画を見ると、映画館とは違う。…

科学の力で頭をスッキリさせる

頭に速攻で届く栄養眠い。頭がスッキリしない。なんか疲れた。そういう時は脳に栄養が足りてい…

新緑が似合う歌声

ドライブしながら聴ける爽快な音楽を探していたら、こんなものを見つけた。…

コスパの高いICレコーダーはコレ

意外と便利なICレコーダー普段の生活で録音する事はほとんど無いと思うが、録音をうまく使いこなすと…

PAGE TOP