飲食

甘いとしょっぱい、固いと柔らかい、ギャップが美味しい鶯玉

甘じょっぱくてクセになるお菓子

最近、巷では甘じょっぱいお菓子が流行っている。

例えばハッピーターンや、ハニーローストピーナッツの様なものだ。

一度食べ始めるとやめられなくなる絶妙な味付け。

お茶やコーヒーのお供に最適だ。

実はこの甘じょっぱいお菓子の元祖とも言えるものが、かなり昔から関西地方では販売されて、

既にベストセラーになっているのをご存じだろうか?

今回は甘じょっぱいお菓子の元祖とも言える「鶯ボール」をご紹介しようと思う。

 

DSC01169
これが関西地方でベストセラーになっている鶯(うぐいす)ボールだ。

 

 

 

DSC01170
裏はこんな感じ。

 

 

 

DSC01171
成分表示を見てみるとカロリーが100gあたり472kcalと結構高い。美味しいものはカロリーが高いのだ。

 

 

 

DSC01172
こりんちゃん、かりんちゃん。というキャラクターが表示されているが、昔はこんなキャラクターいなかった。時代の流れだろうか・・・

 

 

 

DSC01174
パッケージを開封してみた。ちなみに開封口はジッパータイプになっているので、食べきらなくてもキッチリと封が出来る様になっている。

 

 

 

DSC01175
中からゴロゴロと出て来たのが今回の主役である鶯(うぐいす)ボールだ。

 

 

 

DSC01176
茶色くて黒くて甘いあられを火にかけると、ポップコーンみたいにポンッと弾けて白い甘い部分が出て来た様な印象のお菓子だ。

 

 

 

DSC01177
実際に食べてみると、黒い部分は固くてほんのり甘くてしょっぱい。白い部分は甘くて柔らかい。小さい頃は白い部分が好きでそればっかり食べていたが、今となっては黒い部分と白い部分を一緒に食べる事によって絶妙な甘じょっぱさになる事が分かる様になった。

 

まとめ

さて、今回ご紹介した鶯ボールについて

良いところと悪いところを挙げると以下の様になった。

 

■ココが惜しい

・値段が高い

・カロリーが高い

・あまり売ってない

・黒い部分はけっこう固いので歯に気を付けないといけない

 

■ココがイイ

・甘じょっぱさが絶妙

・固いと柔らかい食感が絶妙

 

最後に

関西人なら知らない人はいないんじゃないかという程に有名な鶯ボール。

首都圏に行くと(関西出身者以外は)知っている人が皆無に近いのには驚いた。

鶯ボールの白い部分は上記でも述べたが柔らかくて甘い。

柔らかいといってもフワフワな訳ではなく、程よい粘りのある独特な柔らかさだ。

この感触は他に似たような菓子が存在しないので、例えようもなく

また、この旨さも例えようがない。

 

固い、柔らかい、甘い、しょっぱい、様々な感覚が口の中で混然一体となり

何とも表現し難い旨さの鶯ボール。

お茶うけには最高のパートナーになること間違いないだろう。

 

 

オススメ度:★★★★★

植垣 鶯ボール 80g 【イージャパンモール】

価格:108円
(2016/11/19 17:00時点)
感想(0件)

 

関連記事

  1. 健康茶をオシャレに楽しむ
  2. 内臓脂肪を燃やしまくって痩せるにはコレを食べよう
  3. ガゼリ菌で内臓脂肪を燃やしアロエで快便ダイエット
  4. 相模原にある絶品とんかつ屋
  5. 未来の自分へ向けて今からコツコツ栄養補充
  6. プレーンヨーグルトを最強に美味しくするのはコレだった
  7. オシャレな大人のチョコレート
  8. 驚異の粘りが舌にからみつく!

おすすめ記事

防塵・防滴・無敵の一眼レフカメラ

コストパフォーマンスが最強レベルのカメラPENTAXといえばリコーが販売するカメラのブランドだが…

車のナンバープレートに付けたバックカメラで車検は通るのか?

穴あけが不要で取り付けが簡単な、ナンバープレートへ取り付けるバックカメラ。ビートソニック社か…

リビングをシアターに変える方法

いい音といい映像で楽しさ倍増液晶テレビで映画を見ると、映画館とは違う。…

科学の力で頭をスッキリさせる

頭に速攻で届く栄養眠い。頭がスッキリしない。なんか疲れた。そういう時は脳に栄養が足りてい…

新緑が似合う歌声

ドライブしながら聴ける爽快な音楽を探していたら、こんなものを見つけた。…

コスパの高いICレコーダーはコレ

意外と便利なICレコーダー普段の生活で録音する事はほとんど無いと思うが、録音をうまく使いこなすと…

PAGE TOP