電化製品

CD-ROMドライブが付いてないノートパソコンにはコレ

最近のノートパソコンは

薄型、軽量にする為、CD-ROMドライブやDVD-ROMドライブといった光学ドライブを排除したノートパソコンが増えてきている。しかし、パソコンのソフトをパソコンへインストールしたり、CDの曲をパソコンに取り込んだり、OS起動ディスクからパソコンを起動したりと、何気に光学ドライブを使う場面は多いだろう。

そんな時に役立つ、安くてコスパの高い外付け光学ドライブがあるので、ご紹介しようと思う。

 


こちらが今回ご紹介するI/O DATAの製品。

 

 

 


表も裏もシンプルなデザインだ。

 

 

 


中身はDVD/CDドライブとUSBケーブルしか入ってない。恐らくコストを極限まで削った結果だろう。

 

 

 


本体の前面にはアクセスランプと、CD取り出しボタンと、リセット穴がある。

 

 

 


後面にはACアダプタ用の口と、USBケーブル接続用の口がある。バスパワー対応なので基本的にはACアダプタは不要。

 

 

 


本体裏側はこんな感じだ。

 

 

 


光学ドライブ側に接続するUSBコネクタは特殊な形状なので、別途購入する場合には注意が必要。

 

 

 


光学ドライブはパソコンとUSBケーブルでこの様に接続すると電源が入るしくみだ。

 

 

 


イジェクトボタンを押すとCDのトレイがガチャリと開く。

 

 

 


そしてCDやDVDを利用している時は、この様に緑色のランプが点灯、点滅するので動作状況が分かりやすい。

 

まとめ

さて、今回ご紹介したCD/DVD光学ドライブについて

良いところと悪いところを挙げると以下の様になった。

 

■ココが惜しい

・ソフトウェアが何も付属していない

・USBコネクタの形状が特殊で汎用性がない

 

■ココがイイ

・安い

・コストパフォーマンスが高い

・薄くて軽い

・USBケーブル1本のみで電源ケーブルは不要

・シンプルなデザインなのでどんなパソコンにもマッチする

・大切な記録も長期間保存できるM-DISCにも対応

・WindowsだけでなくMacにも対応している

 

最後に

薄くて軽くて安い光学ドライブ。しかも高耐久で長期保存が可能なM-DISCにも対応している。

それなのに値段が安いのは非常にありがたい。

ただし、書き込みソフト等のソフトウェア類は全く付属していないので注意が必要だ。

まぁ、WindowsもMacもOS標準でメディアへの書き込み機能を持っているので、高度な事をしなければ問題はないだろう。

 

対応メディア

対応メディア 容量 読み込み 書き込み
DVD M-DISC 4.7GB x 8 x 4
DVD+R 1層 4.7GB x 8 x 8
2層 8.5GB x 8 x 6
DVD+RW 4.7GB x 8 x 8
DVD-R 1層 4.7GB x 8 x 8
2層 8.5GB x 8 x 6
DVD-RW 4.7GB x 8 x 6
DVD-RAM 片面 4.7GB x 5 x 5
両面 9.4GB
DVD-ROM 1層 4.7GB x 8
2層 8.5GB x 8
CD CD-R 700MB x 24 x 24
CD-RW 700MB x 24 x 16
CD-ROM 650MB x 24

オススメ度:★★★★✩

 

 

関連記事

  1. 激安で高性能なラズベリーパイ
  2. 持っているだけでワクワクするUSBメモリ
  3. リビングをシアターに変える方法
  4. 各機器ごとに最適で最速な充電が可能な装置
  5. プロ御用達の使いやすい延長コード
  6. 1粒で3度も美味しい電子マネー
  7. USBメモリを安全安心な場所へ保管
  8. 歯磨き革命!電動ってこんなに気持ちイイの!?

おすすめ記事

防塵・防滴・無敵の一眼レフカメラ

コストパフォーマンスが最強レベルのカメラPENTAXといえばリコーが販売するカメラのブランドだが…

車のナンバープレートに付けたバックカメラで車検は通るのか?

穴あけが不要で取り付けが簡単な、ナンバープレートへ取り付けるバックカメラ。ビートソニック社か…

リビングをシアターに変える方法

いい音といい映像で楽しさ倍増液晶テレビで映画を見ると、映画館とは違う。…

科学の力で頭をスッキリさせる

頭に速攻で届く栄養眠い。頭がスッキリしない。なんか疲れた。そういう時は脳に栄養が足りてい…

新緑が似合う歌声

ドライブしながら聴ける爽快な音楽を探していたら、こんなものを見つけた。…

コスパの高いICレコーダーはコレ

意外と便利なICレコーダー普段の生活で録音する事はほとんど無いと思うが、録音をうまく使いこなすと…

PAGE TOP